忍者ブログ
出逢った素敵な風景、モノ、想い・・・それは永遠であったり一期一会であったりしますがそのひとつひとつが輝いています。そんな"lovely"を素敵な貴方へ、おすそ分け ♪

 邦画を一人で見てきました。小学5年に初めて『思ひ出』を読んで次第に好きを通り越して傾倒していった作家、太宰治の『人間失格』。去年(2009)が生誕100年でしたね。映画は・・・感想は割愛しておきます。だけど随所に本作品以外の作品の色々な要素が散りばめてあって入門編としてはいいかも。実在の太宰の関わりを持つ作家たち(井伏、檀、中原)の登場はどうでしょう?それ以外は特に歪曲した感じもなかったし・・・優しい私は及第点です。 この映画のHPも見てみました。「太宰治検定」なんてコーナーもあって「太宰フリークを舐めんなよ」と作品編に挑戦。 問題は各十問、初級、中級、上級の3段階に分かれていて・・・今となっては全問正解はできませんでした 

  下記 参照↓

"http://www.ns-movie.jp/aboutthemovie/swf/nsbanner.swf?key=110HGQTmSR6"
"http://www.ns-movie.jp/aboutthemovie/swf/nsbanner.swf?key=2091z2r6Ttec"
"http://www.ns-movie.jp/aboutthemovie/swf/nsbanner.swf?key=3071R6uDkWtD"


 そしてこれをきっかけにあの頃のことを久しぶりに思い出しました。今とは違う思い、人生観、今ならきっと否定するであろう思想・・・今ではみんな空(うつ)ろな輝きになってしまったね。でもそれも良しやね。

 もうあの頃のような創作はできないけど、久しぶりに詩を・・・。虚構と現実の入り混じった作品です。



~過去への憧憬~現在の希薄~未来の約束

笑顔の奥にある闇よりも暗い光
平気で裏切り切り捨てる 冷酷な彼を私は愛した

お前は俺に云っただろう 「私に似ているあなたが好き」 と
陰と影が合わさっても後光が差す道理などない
太宰は云った
『私はなんにも知りません。 しかし伸びて行く方向に陽が当たるようです…。』
(太宰治『パンドラの匣』より)
…だからどうだと云うの
辛いなら自ら絶てば? 葬りたければ自ら刺せば?  他力本願  あなたのやり方は好きにはなれないみたい

沈黙は一番の刃 そして一番卑怯で利口なやり方 そんな彼に恋する私は氷より冷たい硝
子の心

硝子に刃を刺したら いったいどうなるの…
硝子が刃を折る?
それとも刃が硝子を割る?

唯一、約束されているのは傷つけず合わさる事がないと云う事


  ここまで閲覧して下さったlovelyな貴方に感謝です。
 

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41

<< 休日のひとやすみ HOME それは10円玉から始まった >>
落下注意・・でも  キラキラして綺麗♪
デコタイマーブログパーツ
訪問者様 感謝です♪
ブレイクのお供に   素敵通信♪

食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ
素敵な時間の道標
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
素敵通信社 見習い編集人
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
最新CM
素 敵 通 信    ブログは少し長くなりそうです →ただ一さいは過ぎて行きます Produced by 素敵通信社 見習い編集人 
忍者ブログ [PR]
Designed by ninja-blog.com